大学病院の看護師求人に強い転職サイトは、どこ? 大学病院の看護師の記事一覧

大学病院と総合病院の看護師の違いって何?大学病院と総合病院はどっちが良いの?

大学病院と総合病院の看護師の違いって何でしょうか?

大学病院で働こうか、総合病院で働こうか悩んでいる看護師さんのために、大学病院と総合病院の違いと、どちらがおすすめなのかを教えます!

大学病院と総合病院の看護師の違いって何があるんだろう?

大学病院と総合病院の看護師の違いって何があるんでしょうか?

どちらも大規模な急性期病院で、高度で最先端の医療を行っているという共通点があります。

ですから、急性期看護を深めたい、最先端の医療に携わりたいという看護師さんは、大学病院で働くべきなのか、総合病院で働くべきなのか迷ってしまいますよね。

正直に言って、「急性期看護を深めたい、最先端の医療に携わりたい」と思っているなら、大学病院でも総合病院でもそこまで大きな違いはありません。

そこで働く看護師の業務内容についてもほとんど同じです。ですから、大学病院にすべきか、総合病院にすべきかは、給料や年間休日数、有給消化率などの待遇面を基準にして選んでも良いでしょう。

でも、もしあなたが少しでも自分の希望に合っている病院で働きたい、より満足できる転職をしたいという場合は、大学病院と総合病院の細かな違いにこだわって求人探しをすることをおすすめします。

大学病院と総合病院の看護師の違い、教育制度にこだわるなら大学病院

大学病院と総合病院の看護師の違いの1つに、教育制度の充実度があります。大学病院は、教育機関という役割を担っていますので、看護師の教育制度が充実しているんです。

もちろん、総合病院も看護師の教育制度が整っているところが多いのですが、充実度でいえば、やはり「教育機関」である大学病院のほうが上です。

大学病院は新人看護師の教育プログラムだけでなく、クリニカルラダー制度を用いたレベル別の教育が充実しているんです。

「え?それって、総合病院にもあるよね?」と思うかもしれませんが、その院内研修のテーマの網羅度や実施回数、深堀り度が大学病院と総合病院では違いがあるのです。

ですから、少しでもスキルアップしたい、看護過程の展開方法を学びたい、看護師として幅広い知識を身につけたいという人、教育制度にこだわって転職先を探したいという人は、大学病院を選んだほうが良いでしょう。

大学病院と総合病院の看護師の違い、臨床で使える技術を磨くなら総合病院

大学病院と総合病院の看護師の違い、2つ目は看護技術を使う機会の有無です。大学病院の看護師は、基本的に静脈注射、採血、マーゲンチューブの入れ替え等は行いません。

これらは大学病院では研修医が行う仕事になります。看護師は行ってはいけないと決められていることもあります。

でも、総合病院では静脈注射も採血も、マーゲンチューブの挿入も看護師が行いますよね。

大学病院の看護師が静脈注射や採血を行う機会はゼロとは言いませんが、総合病院と比べると、その機会はとても少なくなります。

そのため、看護技術を身につけたい、身につけた看護技術をさらに磨きたいという人は、大学病院ではなく総合病院を選んだほうが良いんです。

まとめ

大学病院と総合病院の看護師の違いは、そこまで大きな差はありません。どちらも急性期看護を深めることができますし、最先端の医療に携わることができます。

でも、教育制度にこだわってスキルアップしたい看護師さんは大学病院に転職し、臨床で使えるような看護技術を習得したい、磨きたいという人は総合病院に転職すると良いでしょう。

知識なら大学病院、技術なら総合病院と言えるかもしれませんね!

大学病院や総合病院の求人を探すなら、転職サイトを使うと良いですよ!

転職サイトなら、担当者に「大学病院の中でも、できれば採血する機会が多めのところ」とか「総合病院の中でも、できるだけ教育制度が充実しているところ」と伝えれば、大学病院と総合病院の違いの差をさらに小さくできる病院の求人を探すことができるんです。

大学病院の看護師求人に強い転職サイトは!?


  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    ナース人材バンクは古くから実績のあるサイトですので、大学病院の看護師求人を探すのであればこのサイト抜きには考えられません。イチオシです。

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    大学病院への転職を考えるなら、マイナビ看護師の利用も有効です。大学病院の求人数も多く求人調査も徹底しているので併用にもおすすめです。

このページの先頭へ