大学病院の看護師求人に強い転職サイトは、どこ? 大学病院の看護師の記事一覧

40歳の看護師は大学病院で働けるの?採用されるための2つのコツを教えます!

40歳の看護師は大学病院で働く事ができるのでしょうか?

40歳から大学病院で働きたいというあなたのために、40歳の看護師が大学病院に採用されるための2つのコツを教えます!

40歳の看護師は大学病院に採用してもらえるの?

40歳の看護師は大学病院に採用してもらえるんでしょうか?

「大学病院って、若い看護師さんが多いし、40歳の私ではちょっと無理かもしれない。でも、大学病院は昔から憧れの職場だったから、思い切ってチャレンジしたい!」と思っている看護師さんもいると思います。

大学病院は40歳の看護師でも採用してもらえるんでしょうか?

この答えは、ズバリ「40歳でも大丈夫です!大学病院に採用してもらえます!」です。

大学病院のホームページにある看護師採用の応募要項を見てみましょう。どこにも年齢制限なんて書いてないんです。

ですから、40歳だって大学病院の求人に応募できるし、年齢を理由に不採用になる事はありません。

私が働いていた大学病院では、40代半ばの看護師さんが中途採用で入職してきましたよ!40代半ばだって大学病院に採用されるんですから、40歳でも採用されるはずです。

ただ、40歳という年齢は、どうしてもマイナスポイントになってしまいます。あなたが採用担当者だったら、20代の看護師と40歳の看護師、どちらを採用したいですか?

やっぱり、採用されやすいのは若い20代の看護師なんですよね。これは看護師に限らず、どこの業界でも同じことです。

つまり、40歳でも大学病院には採用されるけど、40歳という年齢はマイナスポイントになるため、採用される確率は20代より低いんです。

そのため、40歳の看護師がマイナスポイントをフォローして大学病院に採用されるためには、「この看護師さん、40歳だけど、うちの大学病院に向いている人材だな」と判断される必要があります。

では、40歳というマイナスポイントを抱えつつも、「大学病院に向いている人材」と判断される人ってどういう人なのでしょうか?

40歳の看護師が大学病院に向いていると判断されるのはこんな人

40歳の看護師が大学病院に向いていると判断されるのは、どんな人なのでしょう?

先ほどお話した40代半ばで中途採用で入職してきた看護師さんがどんな人なのかをご紹介します。

彼女のキャラクターを知ると、自ずと40歳でも大学病院に向いている人材と判断されるポイントがわかるはずです。

40代半ばで大学病院に中途採用で入職してきた看護師さんは、めちゃくちゃパワフルでした。正直、こっちがちょっと引くくらいのパワフルさを持っていたんです。

病棟内ではちょっと騒がしいくらいに動き回って労を惜しまずに仕事をするし、夜勤だって20代の若い看護師と同じ回数だけ入っていました。

また、とにかく勉強熱心!ドクターにも積極的にどんどん質問していましたし、「え?全部出席するつもりですか?」と聞きたくなるほど院内研修の参加率も異常に高かったです。

彼女を見ていると、40代半ばでも年齢に関係なく、「こういう人が大学病院に向いている人材なんだな」と思えてくるんです。

40歳の看護師が大学病院に採用されるための2つのコツ

40歳の看護師が大学病院に採用されるためには、大学病院に向いている人材だと判断される必要があります。

大学病院に向いている人材とは、パワフルで勉強熱心な人です。特に、この2つを面接でアピールする事は40歳の看護師さんが大学病院に採用されるためには、とても重要になるのです。

パワフルさをアピールする事が重要になる理由

40歳になると、ちょっとしたことに体力の衰えを感じるようになりますよね。これは、年齢によるものなので仕方がない事です。

でも、大学病院は忙しく激務である職場ですから、体力に自信がない看護師さんには向かない職場なんです。

そういう意味で、40歳の看護師は大学病院に採用されにくいという現実があります。

でも、面接で体力には自信があることやパワフルさをアピールできれば、「この人は40歳だけど、これだけパワフルならしっかり働いてくれるだろう」と判断してもらえるんです。

勉強熱心をアピールする事が重要になる理由

大学病院は最先端の医療を行っていますので、どんどん新しい技術や知識、医療機器が導入されますので、大学病院の看護師はどんなにベテラン看護師だとしても、常に勉強が必要になるんです。

一般的な看護師って、卒後5年目くらいまでは熱心に勉強しますが、5年間の看護師経験があれば一通りのことができるようになりますので、新卒のころのように熱心に勉強する事が少なくなるんですよね。

40歳の看護師の場合、自分から積極的にスキルアップやキャリアアップの機会を求めないという人も多いと思います。

療養型病院やクリニック、介護施設なら、一定レベル以上の看護スキルを身につけていれば、それでも問題ないのですが、大学病院で働くとなると話は別です。

大学病院の採用担当者は「40歳かぁ。年齢的に、あまり熱心に勉強しないかもなぁ」と思うかもしれないんです。

ですから、勉強熱心である事や向上心があることをアピールする事で、40歳というマイナスポイントをフォローする必要があるのです。

まとめ

40歳の看護師は、大学病院に採用される確率は若い看護師よりも低めになりますが、パワフルさと勉強熱心である事をアピールすれば、「40歳だけど大学病院に向いている人材だな」と判断されますので、採用される可能性が高くなります。

40歳でも採用してもらえる可能性が少しでも高い大学病院を探すなら、転職サイトを使いましょう。

転職サイトなら「今まで40歳以上の中途採用の看護師を採用した実績のある大学病院を探してください」と伝えれば、担当者がその希望に合った求人を探してくれます。

また、担当者にどうしても大学病院で働きたい事を伝えれば、担当者から「この看護師さんは40歳ですが、体力面も問題ないし、向上心があるので大学病院に向いていると思いますよ」などと、大学病院側に口添えしてもらうことができるんです。

大学病院の看護師求人に強い転職サイトは!?


  • ナース人材バンク

    ナース人材バンク

    ナース人材バンクは古くから実績のあるサイトですので、大学病院の看護師求人を探すのであればこのサイト抜きには考えられません。イチオシです。

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    大学病院への転職を考えるなら、マイナビ看護師の利用も有効です。大学病院の求人数も多く求人調査も徹底しているので併用にもおすすめです。

このページの先頭へ